2016年10月18日火曜日

Master8のピック



強そうなピックをネットで発見してしまったので、さくっとお試しパックを買って、試してみました。

・ピックを作って半世紀《一爪入魂》池田工業訪問インタビュー
http://guitar-hakase.com/26839/

・アフィリエイト



「メガネ用のプラスチックを使用して、手に吸い付くようなフィット感」という売り文句にやられてしまいました。あと日本製であるのもなんか親近感を得ました。

それでサクッと実際に買って試してみました。なんとも言えないフィット感!いまのところ、これ以上はない感覚です。「ヒタっ!」とくる感じがすごい。

表面をザラザラに加工していないので、弦にジャリッと当たる感じもありません。非常に演奏しやすい。演奏感は全体として変わりません。でも指先にヒタっとくる。理想的なピックな気がします。


色んな種類を続けて演奏してみて、やっぱり自分は1mmのティアドロップ型に慣れているので、一番弾きやすかった。そして次に同じ1mm厚みのJazzXLも良かった。これは新たな発見だった。薄いのも素材自体に適度な固さがあるので使いやすい。

JazzのXLピックは、比較的小ぶりなピックで、指から出ている部分が自分としてはあんまりない感じで、ストロークをするときにちょっと右手と弦の距離感がおかしくなる(笑)。力が伝わりやすい形な気がする。単音を演奏する人は良さそうだ。

JazzXLの1.2mmはなかなかピックと弦が当たる感じが強すぎて、強い音はよく出ますが、弱弾きが自分には難しい感じがする。

好みはいろいろあると思うので、一概には言えないですけど、ウルテム系が好きな人なら試してみる価値はある気がします。

小さくて、何気ないところでも、いろいろな工夫が詰まっているものだ。すごい。ネットで知れたのも良かった。